ホームサイトマップ

ファイル共有ソフトWinnyの解説
Winny?
 

サイト内検索
初期設定実際の使い方その他の機能
Lesson2

共有ファイルのキャッシュ化


キーワード検索
ダウンロード
クラスタ化
アップロード
UPフォルダの設定
共有ファイルのキャッシュ化

Winnyはファイルをアップロードする場合、キャッシュに変換されてからアップロードされます。UPフォルダのファイルをあらかじめキャッシュ化しておけば、アップロード時のPC負荷を軽減できます。また、共有ファイルのキャッシュ化は必須ではありませんのでPC負荷などを考慮し、行ってください。





ファイル検索画面で【UPフォルダ内】をオン状態にして、UPフォルダ内のファイルが検索で表示されるようにします。







キャッシュ化するファイルが検索されるよう、キーワードを入力し、【検索】をクリックします。







検索結果からキャッシュ化したいファイルを右クリックし、【変換】をクリックします。







下ビューにタスク情報画面が表示され、ファイルのキャッシュ化が行われます。キャッシュ化が完了したら、元ファイルはUPフォルダから別のフォルダに移動させてください。キャッシュ化したファイルと同じファイルがUPフォルダにある場合は、UPフォルダのファイルが優先的にアップロードされてしまうためです。




Lesson3へ ページの先頭へ


サイトポリシー お問い合わせ