ホームサイトマップ

ファイル共有ソフトWinnyの解説
Winny?
 

サイト内検索
初期設定実際の使い方その他の機能
Lesson1

ポート開放の概要


インストール
ポート開放
ポート開放の概要
転送ポート番号の確認
ファイアウォールのポート開放
ルータのポート開放
ポート開放の確認
通信設定
初期ノードの追加

【ポート開放とは】

ポートとは簡単に説明するとデータの送受信をおこなうための通り道のようなものです。
データが送受信できる状態を「ポートが開いている」、できない状態を「ポートが閉じている(ポート0)」などと言います。





【ポート開放設定の概要】

ポートを使用(ポート開放)するための手順は各ユーザー環境により設定方法が千差万別です。
当ページでは一般的な手順を解説いたしますので、各ユーザー環境にあわせて必要な設定を行ってください。

インターネット接続にセキュリティソフトやルータを使用している場合は、Winnyで使用するポートの開放作業が必要となります。使用していない場合は、ポート開放作業は必要ありません。

プロバイダからグローバルIPアドレスが割り当てられていない場合はポートを使用(ポート開放)することができません。「ポート開放ができない場合(ポート0設定)」をご覧ください。

転送ポート番号の確認
セキュリティソフトのポート開放
ルータのポート開放
ポート開放の確認



【ポート開放ができない場合(ポート0設定)】

プロバイダからグローバルIPアドレスが割り当てられていない、セキュリティソフトやルータの設定でポート開放作業ができない場合は、「ポート0」設定でWinnyを利用します。

「ポート0」設定での接続はデメリットが多い
(1)ダウンロードの転送速度に制限がかかる。
(2)自分よりも高速な「自ノードのUP限界速度」に設定しているノードにしか検索リンクが接続されない。
(3)同時接続できる検索リンクが2つに制限される。
(4)検索リンクの接続数が少なくなるため、ファイル検索結果が少ない。

「ポート0」設定ではWinny本来の力を発揮することはできません。なるべく「ポート0」設定は避けましょう。




【設定】をクリックします。







システム設定画面で【通信】タブを開き、【ファイル転送用ポートに対する外部からの接続が不可能(Port0)】にチェックを入れます。【設定】をクリックし、Winnyを再起動します。




ページの先頭へ


サイトポリシー お問い合わせ